プールのある家

オリジナル住宅

売家の看板

デザイン住宅の売却評価とは

戸建て住宅を建築する際には住む人の生活に合わせた住宅を建築したいと注文住宅を購入する人も少なくありません。ハウスメーカーなどの注文住宅ではモデルプランがいくつかありその中から選択するという方針のメーカーも少なくありません。一方でデザイン事務所などで設計してもらう場合には自由にアイディアをだし法律の範囲内で自由に設計することが可能です。こういったデザイン事務所で戸建て住宅を建築した場合のほうが費用が高額になる傾向にあります。 しかしあまりにもこだわりすぎたり、斬新すぎる住宅は売却の時の評価が下がってしまうこともあるのです。もちろん住宅を建築する時に売却のことまで考えて建築する人は少ないですし実際に売却するとなっても数十年後であることも多く優先されるべきはそこでの生活といえます。 売却する際の情報として知っておくとある程度の査定額の見極めが可能なのです。

住宅の評価を上げるには

こだわり満載の戸建て住宅は一般的には普通の戸建て住宅と比較すると評価が落ちてしまいます。しかし中には例外もあり、有名な建築家がデザインした、土地に価値があるなど付加価値が認められればそれだけ評価額は上がるのです。 一般的な住宅は建築時が一番評価額が高く年々その額は減少していきます。建築後二十年もすると評価額はほぼゼロ円となるのです。 とはいえ住宅価格はゼロ円になったとしても土地の価格がゼロ円になることはありません。ですから売却するとなればいくらかの価値は尽きます。もちろん住宅のメンテナンスなどの状況がよければ価格に反映されるので住んでいるときのこまめなメンテナンスも重要なのです。 今後売却が選択肢に入っている場合には住宅をより丁寧に扱うことで評価額が上がることもあるのです。