プールのある家

土地の値段は変わる

飾りつけられた暖炉

一戸建て住宅の動向を調べよう

一戸建て住宅を購入することは多くの人にとって夢の一つです。学校を卒業して就職し、結婚をして子供が生まれ、そして住宅を買うと言うのが今まで一般的な成人男女の流れでした。つまり、人生の中でも一戸建て購入は大きなイベントであると同時に一番お金がかかる大きな買い物なのです。 この大きな買い物をする時には失敗を避けるためにできるだけ慎重に行動することが必要になります。 一戸建てを購入するにあたり知っておきたいのは今度の価格の動向です。今の流れとしては空家があちこちに出始めて、この傾向はしばらく続くことが予想されます。この時に起こり得るのは土地が安くなることです。 そうだとすれば、建物は当たり前だとしてもその土地自体も一部の例外を除けば価格が下がることが予想されるのです。

注意しておくべきことは

土地の価格が下がると言うことは、20年後、あるいは30年後、土地を売却しようと思っても買った時の価格の10分の1ぐらいの売値しかつかない可能性もあると言うことです。しかも価値の少なくなった建物と土地に対して固定資産税がかかります(新築の時よりは多少安くはなるが)。 つまり、今までは土地や建物の不動産は資産という考え方でしたが、このままの流れが続くと負債をもっているのと同じことになるのです。 この時に気をつけなくてはならないのは、ローンの組み方です。新築一戸建てを購入するにあたりローンを30年、35年で組むと負債を抱えながら方やローンを払い続けなくてはいけなくなると言うことです。 すでに30年以上のローンを組んでしまった場合はできるだけ繰り上げ返済を行っていき、歳をとってから負担が限りなく少なくなるように心がけるのが賢明ではないでしょうか。